レゾ・メモリー超記憶脳の特質と注意点、およびその他の内容

レゾ・メモリー超記憶脳,バイノーラルビート

レゾ・メモリー超記憶脳では、バイノーラルビートを利用している関係上、いくつか注意をするべきポイントがあります。それらを押さえておけば、バイノーラルビートは正確無比にその機能を発揮するのですが、もしそれを無視して勝手な使い方をすると、効果が十分に上がらないばかりではなく、脳の健康(というほどダメージはないですが)を損ねる危険性さえあります。

 

レゾ・メモリー超記憶脳は効果がある音源です。だからこそ、全ての人に、そのレゾ・メモリー超記憶脳の効果を実感してもらいたい。そう思う、わたし、よしおかとうじは、このサブページで、色々な情報を提示します。必ずしも読まなければいけない、ということはありませんが、読めば読むほどその理解というのは高まると思います。レゾ・メモリー超記憶脳を利用するのであれば、読んで置いて損はないコーナーにしています。

 

例えば、聴力差の問題。これは誰でも多かれ少なかれ、聴力の差というのは、個人差としてもっているものです。ただそれがどの程度だと、バイノーラルビートの効果が出ないか、というようなことは、実際に色々な人にバイノーラルビート製品を試してもらった経験がある私でないと、分からない分野の話でもあると思います。もちろんレゾ・メモリー超記憶脳の公式サイトの情報が一番正確ではあるのですが、細かい所をフォローする感覚で、このレゾ・メモリー超記憶脳のサブコンテンツは書かれています。

 

なお、もしレゾ・メモリー超記憶脳を検討しているのであれば、必ずこのページのトップページから入った、大きな緑色のボタンをクリックして購入するようにして下さい。それでないと特典をお付けすることが出来ません。レゾ・メモリー超記憶脳の特典、特にNATURE別バージョン2つは、非常に貴重な音源ファイルで、私からの購入でないと手に入れるのは困難、と言ってしまっても良いほどです。

 

ですから、あなたがレゾ・メモリー超記憶脳で、何かを成し遂げたい、人生に新風を巻き起こしたいと思っているのであれば、必ずしっかりと、緑色の大きなボタンをクリックして、特典画面の表示があることを確認してご購入下さい。

 

 

さて前置きが長くなりました。コンテンツの説明に入りたいと思います。
まず、レゾ・メモリー超記憶脳のそれぞれの音源の詳細な解説をします。これは実際に所有しているからこそ分かる、本当の秘匿情報です。これを知ることで、あなたはレゾ・メモリー超記憶脳をより一層活用することが出来ます。トップページでも軽くお話ししましたが、レゾ・メモリー超記憶脳の音源6つは、それぞれ異なったテイストのものです。それらを上手く使い分けることで最大の効果が発揮されるので、出来るだけその「使い分け」に重点を置いて、お話し出来たら、と思っています。

 

また、レゾ・メモリー超記憶脳は、バイノーラルビート製品の中でも若干の音楽性があるタイプのものです。
その音楽性がどういうものか、というのも、重要な要素ですので解説したいと思います。やはり人間気分というものがありますから、たとえその時の脳の状態に適したとされる音源でも、表面に聞こえる音楽が「合わない」と、深層心理が拒絶反応を示します。それを防ぐ為の、音源自体のレビューです。

 

更に、レゾ・メモリー超記憶脳の決済方法などについても、お知らせしたいと思います。
インフォトップという、ある意味マイナーな決済会社を利用しているので、少し不安があるかな、と思います。もっともインフォトップは約10年の歴史がある、それなりに信頼が置ける会社なのですが、やはり知られていない。そういう意味で、まず知ってもらう、ということが大切かな、と思っています。

 

それでは、以下からお好きなコンテンツを選んで、ご覧下さい。


その他記事一覧

レゾ・メモリー超記憶脳のPOWER、これはパッケージ的には1番に当たる音源なのですが、この音源は一番抽象度が高い音源かも知れません。抽象度、というと少し分かりづらいかも知れませんが、音に明確なメッセージ性が無い感じ、というイメージです。例えば、歌、というのは、その歌詞がまさにメッセージであり、明確に意識に焼き付けられますよね? またインストルメンタルでも、繰り返しのフレーズなどやサビの部分などで、...

レゾ・メモリー超記憶脳の音源には、それぞれテーマが設定されています。機能的なテーマと、音楽的なテーマの2種類です。機能的なテーマとしては、主にバイノーラルビートの調整でもって、その機能調整がされています。狙う周波数帯域で、脳波を誘導する、というのが、バイノーラルビートの特質です。因みに、レゾ・メモリー超記憶脳では、バイノーラルビート以外の手法もミックスされているので、単純なバイノーラルビートよりも...

レゾ・メモリー超記憶脳の、上2つ、POWERとNATUREは、アルファ波オンリー(という訳でもないですが)に限りなく近い構成で作られていました。ですので、そもそも基礎となる集中力やモチベーションがしっかりしていないと、眠くなりがちでもある、という弱点がありました。それを克服するレゾ・メモリー超記憶脳音源が、MORPHING以下の3番・4番です。ここでは、3番のMORPHINGについて解説していきま...

レゾ・メモリー超記憶脳の4番目に当たる音源は、LOVEPADという名前の音源です。名前は可愛らしいように思いますが、効き目はかなり強力な部類に入ります。まず、基本の音は、確かに可愛らしい音から入ります。この入りは、MORPHINGと同様のイントロです。そこからは、和音を中心にしたサウンドが続きます。和音中心ですので、飽きる、ということがありません。というか、集中状態に入っていくと、その音が「流れて...

バイノーラルビート、という聞き慣れない単語に、アレルギーを起こす方もおられると思います。バイノーラルビートというのは、レゾ・メモリー超記憶脳でコアになってくる技術の1つです。単純に言ってしまうと、左右の耳に違う音を流して、その差音を利用して、脳波を調整します。と、これでは分かりませんよね? 具体的に説明します。バイノーラルビートの構造は単純です例えば、左耳に250Hzの高さの音、右耳に260Hzの...

フロー状態、というのを聞いた事が無い方のために、まずフロー状態とは何か、というのを解説しますね。フロー状態とは極度に集中力が発揮されていながらも、同時に強いリラックスをしている状態のこと。一般的に言われる「集中力」の状態を圧倒的に超えながらも、それでいて脳に対して疲労が発生しないのが特徴。フロー状態に入る事が出来れば、身体の限界を迎えるまでずっと、継続して勉強や作業などに取り組むことができる。一言...

自然音を入れる、というのが、レゾ・メモリー超記憶脳での鉄板構造になっています。この自然音、例えば川のせせらぎや小鳥のさえずりなど、ごく自然に音源の中に入っているのですが、これがある事で、アルファ波がより強化される構造になっているようです。実際、この自然音メインの音源であるNATUREを聴いていると、非常に肩の力が抜けるのを感じます。もちろん背後にあるバイノーラルビートもアルファ波誘導ですので、それ...

レゾ・メモリー超記憶脳では、ある程度の長さのフレーズを、繰り返し流す構造になっています。その繰り返しフレーズの長さは、それぞれの音源によって異なりますが、長いものになると30分程度は同じフレーズが繰り返される、というものもあります(4番・LOVEPADが一番長いように感じます)。ただ、繰り返しと言っても単調な感じではないのです。これが不思議というか、よく製品として作り上げられているな、と感じるとこ...